トピックス

事業場における騒音対策についての実態調査へご協力のお願い(産業医科大学)

日付2018.12.17

騒音職場のある事業場において安全衛生業務に従事している方を対象に、産業医科大学が文部科学省科学研究費助成研究として、騒音対策の実態調査を行います。
ご協力いただける安全衛生担当者の方がいらっしゃいましたら、平成31年1月15日までに千葉産業保健総合支援センターへご一報ください。詳細をお伝えいたします。

ダイバーシティーに活かす産業保健セミナーのご案内

日付2018.12.11

人材活用の観点から、企業には、従業員の多様な働き方に対応できるよう準備が必要です。事業主・人事労務担当者向けに、産業保健に携わる保健師や産業医がセミナーを実施します。

【 治療と仕事の両立支援対策の推進について 】 (厚生労働省)

日付2018.12.04

働き方改革実行計画(平成29年3月28日、働き方改革実現会議決定)において、「病気の治療と仕事の両立を社会的にサポートする仕組みを整え、病を患った方々が、生きがいを感じながら働き続ける社会を目指す」こととされたことを受けて、厚生労働省では、治療と仕事の両立の可能性がより一層拡大されるよう、「治療と仕事の両立支援の総合的対策」を定め、関係施策を総合的かつ横断的に推進することとしたと通知がありました。

『製造業等にお奨め』セミナーのご案内

日付2018.11.08

当センターの下期セミナーの中から、製造業等で安全衛生に携わる担当者の皆様に役立つセミナーをご案内します。詳しくは下の「詳細はこちらです」をご覧ください。

他にも多種多様な産業保健セミナーを実施しています。全てのセミナーについては下のURLからご覧ください。(研修申込みは、WEBから可能)

『産業看護職の皆様にお奨め』セミナーのご案内

日付2018.11.08

当センターにおける下期セミナーの中から、「禁煙支援」と「両立支援(仕事と育児・介護)」について産業看護職の皆様に役立つセミナーをご案内します。詳しくは下の「詳細はこちらです」をご覧ください。

他にも多種多様な産業保健セミナーを実施しています。全てのセミナーについては下のURLからご覧ください。(研修申込みは、WEBから可能)

産業保健セミナー日程変更について

日付2018.11.02

来る平成30年12月4日(火)飯島講師のセミナーですが、都合により日程が変更になりました。

平成30年12月4日(火)→平成31年1月23日(水)
時間は変更無し(14:00~16:00)

既にお申し込みの方にはメール及びFAXでお知らせしております。大変お手数ですが出欠を必ずお知らせ頂きますよう宜しくお願い致します。

新着図書のご案内

日付2018.10.25

新着図書のご案内の写真健康管理 230
ミレイ先生のアドラー流“勇気づけ”保健指導
発行:メディカ出版

作業心理学・社会学 248
治療と仕事の両立支援ハンドブック 従業員を辞めさせないためにできること
発行:労働調査会

産業保健21 第94号 が発行されました

日付2018.10.09

産業保健21 第94号 が発行されましたの写真情報誌『産業保健21』は、産業医をはじめ、保健師・看護師、労務担当者等の労働者の健康確保に携わっている皆様方に、産業保健情報を提供することを目的として、独立行政法人 労働者健康安全機構が発行しています。最新号はセンターにて配布しており、下記リンクからもご覧いただけます。

職域における風しん対策について(厚生労働省からのお知らせ)

日付2018.10.05

現在、例年と比較し、関東地方で風しんの届出数が大幅に増加しております。この時期は、多くの人の往来が見込まれることから、今後、全国的に感染が拡大する可能性があります。具体的には、第30週から第31週まで(7月23日から8月5日まで)に38例の風しんの届け出があり、多くは30代から50代の男性が占めていました。30代から50代の男性においては、風しんの抗体価が低い方が2割程度存在していることが分かっています。
各事業場におかれましては、リーフレットをご参照の上、特に妊婦を守る観点から、診療に関わる医療関係者、これまで風しんにかかっていない者、風しんの予防接種を受けていない者及び妊娠を希望する女性等への注意喚起等、風しんに対する一層の対策の実施をお願いします。

平成30年度下期のセミナーのご案内

日付2018.09.05

平成30年度下期セミナーの募集を開始いたしました。
皆様のご参加お待ちしております。

受講お申し込みの際には、ご案内ページにございます受講の際の注意事項をお読みくださいますようお願いいたします。

直近のセミナー情報は全てのセミナーを表示しておりません。
カテゴリー別にクリックしていただきますと、平成31年3月までのセミナーが表示されます。
※研修・セミナーのご案内→産業保健又はメンタルヘルス又は両立支援をクリックして下さい。

ご希望のセミナーを選択した後、一つだけお申し込みの方はお申込み手続きへのボタン、複数お申し込みの方はセミナーの追加のボタンをクリックして下さい。お名前等を何回も入力せずに複数のお申し込みが出来ます。

じん肺診断技術研修の開催について

日付2018.07.31

労働者健康安全機構では、じん肺健康診断に従事する医師として必要な法制度の知識及び専門技術を習得することを目的とした研修を別添のとおり開催することとなりました。
なお、本研修を受講されますと、日本医師会認定産業医制度に係る認定単位9.5単位(生涯単位のみ)のほかに、日本職業・災害医学会が認定する労災補償指導医制度の認定単位2単位(選択単位 業務上疾病の労災補償)を取得することができます。
申込手続き等については、別添文書をご覧ください。

8月から「労働衛生関係法令」担当の産業保健相談員を配置いたします。

日付2018.07.31

当センターでは、医師・保健師・労働衛生コンサルタント等々の専門家(産業保健相談員)を配置し、事業所の産業医、保健師・看護師、衛生管理者、(安全)衛生推進者、労務・安全衛生担当者様などからの労働衛生や産業保健に関する相談をお受けしています。
本年8月から、これまでの産業医学・労働衛生工学・メンタルヘルス・カウンセリング・保健指導の各分野に加えて、「労働衛生関係法令」を担当する産業保健相談員を配置することとなりました。
全ての産業保健相談員はシフト制で配置しており、相談は予約制ですので、予めメール・電話等でご予約ください。
ご相談をお待ちしております。
産業保健相談の詳細については下のURLからご覧ください。

第1種衛生管理者能力向上教育が実施されます。

日付2018.07.18

第1種衛生管理者能力向上教育が、9月25日(火)・26日(水)に2日間の日程で実施されます。詳細は下のURLからご覧ください。(公益社団法人千葉県労働基準協会連合会のホームページにジャンプします。)

公益社団法人千葉県労働基準協会連合会の講習日程表は、下の「詳細はこちらです」をご覧ください。第1・2種衛生管理者受験対策実践講習、安全衛生推進者・衛生推進者養成講習の日程もご覧頂けます。

新着図書のご案内

日付2018.06.07

新着図書のご案内の写真総論 451
やさしい職場の人事労務と安全衛生の基本
発行:公益社団法人 全国労働基準関係団体連合会

健康管理 229
禁煙学 第3版
発行:南山堂

新着図書のご案内

日付2018.04.06

新着図書のご案内の写真総論 450
認知症予防のための回想法
発行:日本看護協会出版会

総論 21
国民衛生の動向 2016/2017
発行:一般財団法人厚生労働統計協会

メールマガジンを希望された皆様へのお願い

日付2018.04.03

メールマガジンを希望したのにもかかわらずメールが届かない場合、ご利用されているメールソフト、メールサービス、セキュリティソフトにおけるご利用者の設定によっては、自動的に既読、迷惑メールフォルダー、ごみ箱に移動される場合がございます。

各キャリアのセキュリティ設定のためユーザー受信拒否と認識されているか、迷惑メール対策等で、ドメイン指定受信を設定されている場合には、下記アドレスを受信できるよう設定をお願い致します。

★センターより送信するアドレス★
info@chibas.johas.go.jp

お忙しいところ大変恐縮ですがご協力をお願いいたします。

第9次粉じん障害防止総合対策の推進について

日付2018.02.19

粉じん障害の防止に関しては、粉じん障害防止規則(昭和54年労働省令第18号。)が全面施行された昭和56年以降、粉じん則の周知徹底及びじん肺法との一体的運用を図るため、これまで8次にわたり、粉じん障害防止総合対策を推進してまいりました。
その結果、昭和55年当時、6,842人であったじん肺新規有所見労働者の発生数は、その後大幅に減少し、平成28年には122人となるなど、成果はあがっているものの、依然として新規有所見労働者は発生しており、引き続き粉じんばく露防止対策を推進することが重要とされることから、第9次の粉じん障害防止総合対策が厚生労働省から公表されましたので、お知らせいたします。

有害物ばく露作業報告対象物(平成30年対象・平成31年報告)について

日付2018.01.12

有害物ばく露作業報告の対象となる物については、労働安全衛生規則第95条の6の規定に基づき厚生労働大臣が定める物等(平成18年厚生労働省告示第25号)により定められていますが、この度、告示の一部が改正され、平成30年1月1日から12月31日を対象期間とする物が新たに定められました。

工業製品等における石綿含有製品等の把握の徹底について

日付2017.12.13

厚生労働省より機械に組み込まれている石綿含有部品の把握及び交換・廃棄する際の措置について、別添のリーフレットを参考に徹底していただくよう連絡がありましたので、お知らせいたします。

新着図書のご案内

日付2017.11.01

新着図書のご案内の写真総論 449
暴言・暴力・ハラスメントから職員を守る段階的対応
発行:日本看護協会出版会

産業心理学・社会学 247
職場におけるメンタルヘルス対策の手引き
要説 産業精神保健
発行:診断と治療社

治療と仕事の両立支援の取組事例集のご紹介

日付2017.10.06

事業場における治療と仕事の両立支援に関する取組状況は事業場によって様々であり、支援方法や産業保健スタッフ・医療機関との連携、働く人のプライバシーへの配慮について悩む事業場の担当者も少なくないと思います。
本事例集は、厚生労働省より業種の異なる8社の企業の取組、支援体制等について紹介しています。
詳しくはこちらからご覧ください。

「治療をしながらも働ける職場へ」 両立支援啓発動画のご案内

日付2017.10.06

「治療をしながらも働ける職場へ」-治療と職業生活の両立支援に向けて-
平成28年2月に厚生労働省から公表された「事業場における治療と職業生活の両立支援のためのガイドライン」について、事業者、人事労務担当者の皆様に理解していただくとともに、治療と職業生活の両立について社員の皆様にも一緒に考えていただくことを目的に制作されたものです。
企画/独立行政法人労働者健康安全機構

詳しくはこちらをご覧下さい。

新着図書のご案内

日付2017.10.02

新着図書のご案内の写真健康管理 228
感染対策マニュアル 第2版
発行:(株)医学書院

産業心理学・社会学 246
心の健康を支える「ストレス」との向き合い方 BSCPによるコーピング特性評価から見えること
発行:(株)金剛出版

新着図書のご案内

日付2017.10.02

新着図書のご案内の写真総論 447
How to 11 よくわかるじん肺健康診断
発行:産業医学振興財団

総論 448
かかりつけ医が認知症・MCIを診る
発行:日本医事新報社

千葉産業保健総合支援センターのビル名称が変わります。

日付2017.09.07

千葉産業保健総合支援センターのビル名称が平成29年10月1日より
変更となります。

新しいビル名称は、日進センタービルとなります。

新住所 千葉県千葉市中央区中央3-3-8 日進センタービル8階

※電話・FAX番号は変更ございません。

数値基準に基づいて「高ストレス者」を選定する方法について(厚生労働省)

日付2017.09.01

平成29年8月25日付で厚生労働省より数値基準に基づいた「高ストレス者」を選定する方法について、発表がありました。

詳しくはこちらをご覧ください。

労働安全衛生法施行令の一部を改正する政令及び労働安全衛生規則の一部を改正する省令の施行について

日付2017.08.15

アスファルト等10 物質について、譲渡提供する場合の表示、安全データシート交付等の義務付け、製造・取扱いの際のリスクアセスメント実施の義務付け等に関する情報です。

詳しくは、こちらをご覧ください。

障害者雇用安定助成金(障害・治療と仕事の両立支援制度助成コース)のご案内

日付2017.07.25

治療と仕事の両立を支援するための制度を導入する事業主の皆様には、助成金が支給されます。

詳しくはこちらをご覧ください。

平成29年度から産業保健関係助成金のメニューが拡充されました

日付2017.06.14

平成29年度から産業保健関係助成金として、従来の「ストレスチェック助成金」に加え「職場環境改善計画助成金」「心の健康づくり計画助成金」「小規模事業場産業医活動助成金」を新設いたしました。
職場における労働者の健康管理等のために、ぜひご活用ください。
※新たな助成金は平成29年度6月1日から申請受付を開始しております。
詳しくは労働者健康安全機構本部のHPをご覧ください。

新着図書のご案内

日付2017.06.12

新着図書のご案内の写真関係法令181
改訂5版図解 よくわかる労働安全衛生法
発行:労働調査会

次のページへ
このページの先頭へ

独立行政法人 労働者健康安全機構 千葉産業保健総合支援センター
〒260-0013 千葉市中央区中央3-3-8 日進センタービル8F
TEL:043-202-3639/FAX:043-202-3638